2020年11月4日水曜日

田舎猫

 飼い主共々北九州生まれです。
赤ちゃん猫の時から肉親の愛を知りません。小っちゃい時から一生懸命油断なく気を張って、飼い主に負けないよう暮らして来ました。

幼猫期にプレゼントされた郷土の誇り火野葦平に因んだ河童のヌイグルミ3匹が大のお気に入りで、咥えて2段ベットの上に登ったり、飼い主の帰宅が遅いと玄関に運んで河童三匹と並んで待つ様になりました。

目の前で指をくるくる回すと、だんだんと目が寄ってきてパクっと指先を噛みます。
それがまた可愛いのだそうです。

2020年10月31日土曜日

ヤム

 

トムという名のシャムネコと長く暮らしていましたが不意にいなくなり、窓を開けて眠る夜が続きました。何度占っても、帰ってくると卦が出るのですが、何か月も経ち諦めた朝、御近所さんがお宅の猫が郵便局の裏に倒れていると知らせてくれました。息子と走って行きました。奇麗なままコの字で冷たくなっていました。抱いて帰りながら二人で涙ボロボロ。
写真のヤムは、その後長い年月が経ってから息子が市の保護センターから引き取った子です。センターに2匹保護されていたうちの1匹で、もう1匹のほうがかわいく見えた係員の方が「こっちですか?」と問い返しました。
東京在住の息子は、ペット飼育可のマンションにワザワザ移り、噛みつかれ、引っかかれながら、猫に気に入って貰いました。トムの次だからヤムだそうです。姓の次にミドルネームが最初は一つだったのが、今は二つ付きます。「姓」「とても」「かわいい」「ヤム」だそうです。

2020年10月2日金曜日

雪月花 月が一番


学校に行っていた頃、漢文の藤田先生から【月 天心を渡る】という美しい言葉を習いました。以来、忘れたことはありません。荒城の月は愛唱歌です。もう声は出ませんけど。

宇宙開発が進むと、月や他の星たちも地球の様になるのでしょうか。美しいお月様を観る事のできる世代で良かったなどと擦れた事を思いながら、月の光は隈なくて秋風が身に染みました。


 

2020年9月5日土曜日

30年の馴染 我が家の家守【ヤモリ】




夏、小さな2匹が走ったり、3匹が縄張りを争い、文字通り三角関係でくんずほぐれつの修羅場をこの窓で演じたりしてくれます。代は何代変わったのでしょうか。家族の楽しみでもあります。虫が寄るように明かりを終夜灯して応援しています。

2020年7月26日日曜日

紫陽花


雨にも負けず、たわわに大きく咲いてくれた紫陽花の花を、来年の花芽のために惜しみながら切っています。
剪定の時期が遅れたため花が色変わりして前にも増して素敵なので生けてみました。
元の色は真白です。

初物のサツマイモ


八百屋さんに新芋が出ていました。鹿児島産です。
お八つにはこれ位の大きさが丁度良いです。一口食べてはお茶を飲み、初物を楽しみました。
粉吹き芋でほんのり甘くて美味しかった。

2020年6月12日金曜日

コロナウイルスに怯えて





二月半ばから、休館しています。妹と二人してお雛様を飾り、準備万端整えたのに残念です。

今、北九州市は揺り戻しというか第二波に襲われているようです。

詳しい人【私より】によると、収まり消えることはなく、我々はワクチンや免疫の向上でこのウイルスと共に生きていく事になるようで、例えばインフルエンザウイルスのような存在になるだろうということだそうです。

閉じこもるうちに、花の季節はめぐり、アジサイが咲いてくれました。昨夜来の雨で地植えのアジサイは露を含み倒れてしまいました。ベルガモットも散り始めています。

穏やかな季節の移り変わりを祈念しています。